紹介(特設サイトより引用)

ダンサー系の魔法をおぼえる。
補助魔法が中心。ダンサーの魔法はダンジョンにいる間、
パーティー全体に長期的な補助効果をもたらす。
魔法レベルが高くなると、ダンジョンにいる間は
強大な補助効果が半永久的に持続することになる。
重い装備はできず、白兵戦は苦手だが剣だけは扱える。

性能

職業名HPMPATKDEFMATK修得魔法特性備考
ダンサー651007065901レベル毎にダンサー魔法無し
アビリティ名性能消費MP精霊
アクセラレイターこのターン、必ず最初に行動する。階数×12F X1:Y13

Lv30時のステータス補正

STRAGIINTVITDEXSEN
-
+4+5
-
-
+6

専用装備

No名前防御力種別価格入手場所備考
254ミミックの盾1850007Fミミックレアドロップ即死耐性+100% 魔法耐性+10%
装備時デスLv1使用可能

運用/育成

パーティー全体の強化を施せるため、序盤から終盤まで活躍できる。
一度かけた補助魔法は無効化されない限りは効果を発揮し続けるため、ボス戦で有効なのはもちろんだが
ブレイブ、スピード等はザコ戦も大幅に楽にしてくれる。

ダンサーそのものはそのままでは攻撃能力も回復能力も低いが
残りの5人を大幅に強化できるため、十分にPT1人分の枠の価値はある。
ただし最序盤は他の技能も少ないため、ダンサーを切りアーチャーを入れる選択もありえる。
序盤はどの程度まで補助魔法を使いたいかで参加不参加を決めよう。

取得魔法考察

ブレイブ
まずは強力なブレイブをLv10にしたい。
パーティー全員のSTR、INT、DEXと攻撃に必要なステータスを+10にしてくれるため
確実にステータス10毎のボーナスを得られるようになり、
これだけで大幅な戦力増強が期待できる。
強力魔法のクエストを覚えるための前提でもある。
スピード・エナジー・センス
ブレイブのようにステータスを増加できるが、こちらは各1ステータスのみとなる(その分消費MPは少なめ)。
ブレイブに比べると地味ではあるが移動中に使用できるため、習得さえすれば確実に効果を発揮する。
戦闘中に忙しくて補助魔法が使いきれない場合、無理に下記の魔法を覚えるよりもこちらが良いことも多い。
クエスト
戦闘中のみだがパーティー全体の大幅な強化が可能。
ダンサーを使うのならばぜひ覚えたい。
ディアボロス
一定ターンの間、敵単体へのダメージを1.3倍にしてくれる。
ボス戦で非常に有効だがNPCにリミカを加える、またリミカの下着を装備することでも使える。
サンシャイン
継続的なHP回復が行えるためボス戦で有効。
また敵のサンシャインを無効にすることもできる。
そのためスペルポイントに余裕がなければ1だけ取るのも良い。
リクレアフィールド
継続的なダメージを与えられるためボス戦で有効。
また敵のリクレアフィールドを無効にすることもできる。
そのためスペルポイントに余裕がなければ1だけ取るのも良い。
ロザリオインペール
一定ターンの間、パーティー全体のMPが無限となる。
MP残量を気にせずに戦えるようになるため、戦略の幅が大きく広がる。
ただしロザリオインペールが切れると全員のMPは0となり、その戦闘中は回復できないため慎重に使うこと。
最大で15ターン持つ。
アイスループ(氷の剣)
攻撃能力が低いが実は剣が装備できる。
さすがに前衛に立って物理攻撃を行うのは厳しいが
氷の剣や善ロリブレード等の魔法剣ならば話は別。
氷の剣を装備することでMPを消費せずにアイスループLv4を使うこともできる。
また、氷の剣の効果で最大MPも増加するため相性がいい。
装備せずに使うとLv3となるが複数人で同時使用できるのでどちらが有利かは編成次第。
ギガブレイク(善ロリブレード)
善ロリブレードは単体へギガブレイクLv5で攻撃可能。
ギガブレイクは攻撃力+魔力でダメージが決まるため高INTなら効果も期待できる。
上記の氷の剣とあわせ、2本の剣の二刀流でもいい。

後半の装備

魔力が必要な職業ではないため、後半はマスターソードを装備して防御を上げても構わない。
実は全職業中、最高の最大MPを誇る。

転職先考察

ダンサーは補助魔法が強力だが、アビリティのアクセラレイターも便利。
それらを活かした転職先を選ぶべし。
  • ビショップ
ダブルスペルによる連続補助魔法を実現できる。
後半は使いたい補助魔法の種類も増えるためかなり有用。
また、アクセラレイターの先手行動により非常時の先制回復魔法使用も行える。
進化先をマスターにすると、4系統のスペルポイントが20ずつ手に入り、更に柔軟な戦いもできるようになる。
ビショップ→ダンサーの転職に比べ、ダンサー魔法の習得量は減るがメイジとプリースト魔法をバランスよく覚えられる。
  • プリースト
アクセラレイターを活かした先制回復魔法を使えるようになる。
ビショップへの転職に比べ多くのプリースト魔法を覚えることができるが、少々忙しくなる。
プリースト→ダンサーの転職に比べ、回復よりとなる。
  • アーチャー
多くのダンサー魔法を使うことが可能。
ダンサー魔法の多くはINTを必要としないため、アーチャーでも十分に使いこなすことは可能。
そうなるとMP不測が懸念されるが、ダンサー→アーチャーの転職であるならば、自力でロザリオインペールを覚えることも可能。
これにより時間は限定されるが魔法は使い放題となり、さらにアーチャーアビリティのダブルリザルトアーティラリーも使い放題となる。
攻撃と補助に優れたキャラクターに育てることが可能。

転職元考察

ダンサー魔法は必要なスペルポイントが多いため、転職後をダンサーにすることでレベル99まで育成可能。
これにより補助魔法の専門家を育てることが可能。

  • ビショップ
ダブルスペルによる連続補助魔法を実現できる。
後半は使いたい補助魔法の種類も増えるためかなり有用。
また、アクセラレイターの先手行動により非常時の先制回復魔法使用も行える。
進化先をマスターにすると、4系統のスペルポイントが20ずつ手に入り、更に柔軟な戦いもできるようになる。
ダンサー→ビショップの転職に比べ、ダンサー魔法の習得量は増えるが、メイジとプリースト魔法は25ポイントしか使えない。
  • プリースト
アクセラレイターを活かした先制回復魔法を使えるようになる。
ビショップへの転職に比べ多くのプリースト魔法を覚えることができるが、少々忙しくなる。
プリースト→ダンサーの転職に比べ、補助よりとなる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メニュー

ゲームバージョン

2018年9月10日現在
1.21

どなたでも編集できます