【注意】
このページの情報は各編集者の主観に基づいたものです。
プレイヤーによっては状況が異なる可能性もあります。


初期パーティー案

種族、職業、ステータス、習得魔法による編成の自由度の高さが売りであり攻略スレでも
「初期メンバーでメイジ魔法無し」「初期メンバーでプリースト魔法無し」「ネズミ5匹」「シーフ能力無し(罠の宝箱開封禁止)」等のクリア報告も上がっている。

ただしこういった極端な編成でクリアするには
相応の戦略や戦術が要求されるため、慣れるまでは基本に従う方が楽と思われる。
一方で極端な編成はデメリットを生むが、そのデメリットをプレイングで回避できるならば長所を活かした強力なパーティーを作ることもできる。

パーティー構成の基本

このゲームは16+4の職業と4大魔法系統、それと戦士系能力やシーフ系能力、各職業の技能があるがパーティーは6人までとなる。
つまり全ての能力を揃えることは難しいし、仮にできたとしても中途半端で逆に何もできないパーティーとなる恐れもある。
必要な能力であっても切る必要があり、足りない能力は消耗品や装備、移動魔法と街の施設、プレイング等でカバーすることになる。
どの魔法や技能を切るのか、あるいは誰に何を兼務させるかはプレイヤー次第となる。
上記にあるようにプリースト魔法やメイジ魔法、シーフ能力を切ることも不可能ではないが慣れないうちはこれらは確保したほうが無難。

メイジ魔法

複数を同時に攻撃する魔法が魅力。
プリースト魔法程ではないが、2F以降は敵の数も増えるためやはりあるほうがいい。
ただし1Fからバードに「炎のカスタネット」、
ダンサーに「氷の剣」を使わせる等、
MPを消費しない範囲攻撃を使わせるつもりならメイジはカットしても構わない。
最初に欲しい魔法は「ファイアスクエア」や「スリープ」となる。
「マジックカウンター」は後半のボス戦で真価を発揮。
メイジ魔法一覧

プリースト魔法

パーティーの生命線となるプリースト系の回復魔法は重要。
初心者ならヴァルキリーやロード、ビショップではなくプリーストを入れるほうがいい。
プリーストを切る場合は1Fの「プリーストの護符」や5Fの「ヒールペンダント」をうまく活用しよう。
最初に覚えたい魔法は「ヒールオール」「ライト」「ノイズ」「キュアポイズン」あたりとなる。
プリースト魔法一覧

ダンサー魔法

ダンサーとアーチャーが覚えられる。
必須ではないが探索中、パーティー全体を強化できるためパーティー枠1人分を使う価値は十分にある。
ただし最序盤は他の技能も不足しているため、ダンサーではなく戦士やシーフの役割も兼任できるアーチャーを入れるのも良い。
また強力な魔法系統ではあるが、プリースト魔法ほど即座に生命に直結するものではないので切っても構わない。
このあたりはパーティー次第となる。
最初に覚えたい魔法はダンサー、アーチャーを問わず、STR、AGI、INTを+10にできる「ブレイブ」だろうか。
攻撃能力が大幅に上がるため、敵の殲滅が早くなりより育成しやすくなる。
もちろんボス戦でも力を発揮する。
ダンサー魔法一覧

メディック魔法

メディックとモンクが覚えられる。
直接的な攻撃や回復ができるわけではないが、おしっこ等のシモの治療ができる。
これらは消耗品でもカバーできるが、パーティー全員が人間やエスパーだとアイテムが足りなくなる恐れもある。
そういった場合でメディックを入れる余裕がない時は戦士枠にモンクを入れる手もある。
またメインメンバーではなく酒場に登録する予備のキャラとしてメディックを登録するのは有効。
ポーションクラフトを習得させ余った魔法石でMP回復アイテムを生産できるようになればメインメンバーの冒険は楽になる。
ポーションを作成するにはMPと尿意が必要なので回復の泉を利用すると都合が良い。
メディック魔法一覧

シーフ能力

宝箱を開けるにはシーフ能力が必要。
職業シーフ能力罠見破り率罠解除基本成功率
シーフ(大)95%95%
ニンジャ(中)90%85%
アーチャー.バード(小)85%75%
マジカル(転職後のみ)(極小)70%60%
宝箱を安全に開けたいならばシーフとなるがシーフは工夫しないと戦闘では役立たずとなり
パーティー全体の戦力の低下を招く。
シーフを使うならばシーフ専用のコンパスを活かしたり、ネズミやロボットにして種族専用装備をする等、シーフの弱点をできるだけカバーしたい。

一方、アーチャーは高い戦闘能力や補助能力を誇るが罠解除には不安が残るので、これらへの対策が必要となる。
例えば移動魔法の「ルーナ」があればトラップにかかっても、すぐに街と往復することで立て直せる。
また仲間種族にネズミ等が多ければトラップの被害も減るのでアーチャーでもなんとかなる。
更に万一に備え救助隊のレベルを上げておけば、ゲームオーバーのリスクを回避できる。

誰を入れるにしても何かが損なわれるので、そこをどうカバーするかが重要。

戦士能力

ゲーム上、明確に定義されているわけではないが便宜上ここに記載。
ファイター、アーチャー、ヴァルキリー、モンク、ダークナイト、サムライ、ロード、ニンジャが戦士的な能力を持つ。
総じて攻撃力が高く、アーチャー以外は防御も高かったり回避能力があるので前衛に出し、敵の攻撃を受け止めるのに使える。
通常攻撃はMPを消費しないためダンジョンの持続的な探索に役立つ。
またサムライはメイジ魔法、ヴァルキリーとロードはプリースト魔法、アーチャーはダンサー魔法、モンクはメディック魔法を覚えられる。
普通は魔力が低く威力は期待できないが、魔力の関係しない魔法を取らせるならば本職のスペルポイントの温存となる。
たとえばヴァルキリーに「ライト」や「キュアポイズン」を覚えさせるならば、本職のプリーストはそれらに使うはずのSPをより強力な回復魔法にまわせるなど。

ステータス割り振り

特殊な育て方をしないならば戦士系はSTR、AGI、DEXに振り、魔法系はINTに振るのが王道。
ただし弓で戦う者はDEXが攻撃力となるのでSTRはあげなくても良い。
前衛に出る者はHPと防御力をあげるためにVITも欲しい。
SENは特殊なので職やキャラごとに考えよう。

どの程度、ステータスを上げるか迷ったら(補正込みで)10の倍数を目安にするといい。
10の倍数毎に効果が大きく上がるからだ。
詳しい説明は6ステータス詳細に記されている。

戦闘が厳しい場合の対策

  • ザコ敵に負ける、または苦戦する場合
    • スクエア系の魔法やアイテムの氷の剣、パトカーを使用すると楽になる。
    • 敵の系統により行動パターンが決まっているものも少なくない。ポリスは1ターン目に仲間を呼ぶなど。
    • 敵の系統によりすぐに弱点が分かる場合も多い。ネコは氷やネズミに弱い、磁石や機械は雷に弱い、アンデッドは炎に弱いが即死や恐怖が効かないなど。
  • 道中のMPが厳しい場合
    • 長期の探索をする場合、スリープやノイズなどの補助魔法を使えばMP節約となる。
    • 2Fでブルークリスタルを入手する。1日1回しか使えないがMPを20回復できる。
    • 青ポーションを持ち込む。青ポーションは商店に入荷されたり、メディックで作成可能。ポーション制作係に予備の専用メディックを育ててもいい。
    • ルーナを覚えれば回復の泉と現在地点を往復することでMPを補給しやすくなる。
  • ボス敵に負ける場合
    • アナライズを使って弱点を確認する。状態異常に弱いボスも少なくない。敵の耐性が100%でもDEXがあれば異常魔法は通用する。
    • 状態異常攻撃などの絡め手でやられる場合は状態異常とその対策をみよう。

金策

このゲームは金欠で苦労するプレイヤーも多いが各種金策を駆使すればかなり楽になる。
まずゲーム開始したらすぐにLv3のマーチャントをねずみさんに派遣すると楽。
以後、1戦闘毎に5Nずつ稼いでくれるのだ。

2人目のマーチャントはLv15。
これも派遣すれば1戦闘で合計25Nずつ手に入るようになる。
ここまでくればかなり楽になるだろう。

マーチャントは冒険に連れてじっくりとレベルを上げるよりは稼ぎ場所を見つけて一気にレベリングする方が楽。

転職・処女契約

転職は1度しかできない。
転職で引き継がれるものは以下の通りである。
  • 習得魔法
  • 使い残したスペルポイント
  • 習得アビリティ(転職してからでも転職前のアビリティを覚えることは可能)
  • 職業毎の特性
  • 職業毎のレベル30時の6ステータスの上昇補正

転職により解放されるものは以下の通りである。
  • 現レベルは1まで下がるが、レベル上限が50から99となる。
  • 種族ごとの特技を覚える。

7Fで行える処女契約は以下の通りである。
  • 処女契約は転職の代わりに行える。転職をした者は処女契約ができず、処女契約をした者は転職ができなくなる。
  • 現在の職業とレベルを維持したまま、レベルの上限が99となり種族ごとの特技を覚える。
  • 処女装備が使用可能となる。
処女契約を行った場合はアビリティ、職業補正、習得魔法が1職業分のみとなるため、最終的な戦闘力が低くなるが、7F時点では強力な処女装備を使うことができる。
処女装備はイベントで1つまで入手できる。
敵からの宝箱で入手することも可能。
ゆうしゃは転職できないので処女契約のみとなる。

育て方を間違えた。育成し直したい場合の救済措置は?

キャラクターを削除する前に、そのキャラクターを使って先に育成環境を整えると楽。
具体的には3Fで「まなばない指輪」を5つと「ぎのうのごふ」を入手しよう。
登録したばかりのキャラでも上記装備を用意し最前線で戦えばあっという間に元通りのレベルとなる。
ダンサー魔法のメタルがあればなお良い。

ただし各ボスには弱点も多いため、キャラを登録し育てなおすよりも戦術を駆使してボスを倒しできるだけ経験血やアイテムを稼げる場所まで進軍したほうが効率がいい。
理想のキャラを作るのはラスボスを倒し、地獄まで辿り着いた後のほうがいい。
各ボスの弱点やステータスは各ページを参考にされたし。

キャラクターの画像やプロフィールは自由に弄れる?

ver1.18より外部の画像ファイルやプロフィール文書を利用できるようになった。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メニュー

ゲームバージョン

2017年2月20日現在
1.20

どなたでも編集できます